ネット通販
トップページ→  蔵日誌 → 米づくりも始まりまし…
蔵日誌

米づくりも始まりました!

2021.05.13

こんにちは。

九州南部は一昨日梅雨入りとのこと。平年よりなんと19日も早いそうで、

「五月晴れ」をほとんど目にしないまま雨の季節になってしまいました。

 

さて、先日は芋の植え付けの様子をお伝えしましたが、

この季節になると、いよいよ米づくりも本格的に始動します。

昨日は、種もみを土にまく作業が行われました。

種まきといっても、当然ながら田んぼに直接まくわけではなく、

苗を育てるための「育苗箱」といわれる箱にまいていきます。

 

品種は今年も「ヒノヒカリ」。えびの産ヒノヒカリは通常の食米として高い評価を受けており、

食味ランキングでも「特A」を受賞していますが、明石酒造では一部の焼酎の仕込みに使用しています。

 

    

専用の機械に育苗箱をセットし、コンベアの上を流していくと、

土→水→種もみ→土の順に重ねられていきます。

ちなみにこの土は、農業好きの社長自ら遠方まで取りに行った「こだわりの土」です!

 

  

 

作業は順調に進み、この日は550枚の育苗箱に種をまきました。

このあとは、箱を重ねてシートをかぶせ、発芽まで1週間程度待ちます。

芽が出たら田んぼに移し、光や水やりの管理をしながら、田植えに適した大きさになるまで

大事に育てていきます。

苗の様子は、また後日お知らせしますね(^^)/

 

 

 

蔵日誌一覧へ
PAGE TOP